仮に所有車の売却の予定があるのならば

愛車を買い取ってもらう際、そして自動車の売却の際も印鑑証明という書類が必要です。脱毛

この印鑑証明というものに関して解説していきます。

印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印で間違いないという事実を実証する目的の正式な書類です。

この印鑑証明がないのであればその印鑑が実印として効力を持つということが証明できません。

高額な取引になる車両の売買ですから実印が必要になることになりますが、それと同時にこの印鑑証明も要るのです。

役所で印鑑証明をつくるにはあらかじめ印鑑証明する必要があります。

書類に登録する印鑑は実印と呼ばれていて、世界で唯一の判子であることが条件です。

実印を手配して市町村役場の担当部署に行けば印鑑登録をすることができます。

手続きが終わると、印鑑登録カードなるものが交付され、印鑑登録をしたハンコは実印になったということになります。

印鑑証明を発行してもらうには市役所などへ出向き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書いて印鑑登録カードを持って行くだけで大丈夫です。

また自動交付機でも発行してもらうことができます。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

そのためいつ取得した印鑑証明でも証明書としての効力は消えないのです。

しかしながら中古車買い取りの時は、必要になるのは現在より3ヶ月以内に発行された書類が有効とされています。

普通は有効期限を気にする必要はないですが買い取り時には業者側が有効期限を設定していますので、仮に所有車の売却の予定があるのならば、あらかじめ手元に置いておく必要があります。

コンテンツメニュー

    Link