先に支払っているという事実から来ています

車を所有する方は知っているはずですが自動車税を支払う義務があります。

それでこれは、車の買取の際に普通に戻ってくるお金なのです。

実際、やると頭に入ってきますが、では頭から順に詳細に説明します。

当たり前ですが説明をするとすれば、国産で生産されている自動車に限らずイタリア車でも自動車税が還ってくる対象になります。

クルマについてもそうです。

自動車税はクルマを所有している人が支払い義務を負うお金なのですが、これはそれぞれの排気量の大きさで定められています。

1リッターより低いのであれば29500円1リッターより上で1.5リッター以下までなら34500円です。

これ以降は500cc刻みで5000円ずつ増加していきます。

それからこの税は4月1日の時点で車を保有している人が来年3月までの税金を払う義務があります。

つまりは先払いになるので、当然愛車を売ってしまって、所有者でなくなった際にはその分の金額は還付されるんです。

自動車税というのは前払いで年度内の税金を支払いますのでその翌年3月までの間に自動車を売却した場合は新たな所有者がお金を納めなければいけないのです。

買い取った相手が買取専門店であれば、引き取り時に所有者が先払いしている分の税額を返してくれます。

まとめると所有権が移った時以降の自動車税は新しい所有者が払わなければなりません。

もしも10月中に愛車を買い取ってもらったケースでは11月以降次の年の3月中までの払ったお金は返還されます。

というのは前述の通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているという事実から来ています。

要は、売却者は売却相手に払いすぎたお金を返還してもらうということなのです。

個人的に自動車を引き取ってもらう場合には、何気にこのような大事なことに気づかない人が見受けられるので確かめるようにしなければなりません。

自動車税という税金は車の売却で戻ってくることをほとんど知られていないからと言ってその事実を隠す業者も存在します。

こちら側から税金に関して言わなければ、完全にそのことに関して言わないという場合も見られます。

そのため車の買い取りをお願いする場合は税金が返ってくるか否かの確認を怠らないようにしてください。

コンテンツメニュー

    Link