損失を確定する事です

普通のビギナー向けのFX投資の雑誌では「マイナスになった時にはナンピン買いでポジションの平均を買い付け価格を低くする」等と記述されているがナンピン買いにはかなり大きな隠れたリスクがある。リプロスキン 体験談 嘘

とりあえず、ナンピン買いの理屈に関して簡単に説明します。ゼロファクター 青髭

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。部屋探し

$買いのため円安に進むほど利益が出ますが、1ドル95円まで円高方向に向ったとします。ドクターセノビル 危険

その状態で所有し続けたらマイナスをなくすためにはマイナス分ドル高に進む必要があります。奪い愛、冬 動画

誰でも、マイナスは出来るだけ早く無くしたいと願います。ゲームオブスローンズ 相関図

これを解決するためはじめに買ったのと同じ額のドルを、買い増します。薄毛 女性

これで、ポジション全体の買い付けコストは1ドル=97.50円まで低くすることができる。ゼロファクター 体験

結果として、2.50円の幅でドル高に推移すれば、損を回復する事ができます。多汗症 薬

これが、ナンピンの理論です。ダニ取りロボの評価

ナンピン買いの手法を理解すると、「ごもっとも」と思ったりするが、そう容易には思うようにはいきません。

もとより、1ドル95円が下値だということなどなんびとも分かりません。

もし、マーケットが強い円高ドル安傾向だとしたら95円では下げ止まらずに、より円高に進む確率がある。

たとえば、1ドル97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、95円までドル安になったらナンピンした分にも差損が生まれることになってしまいます。

その状態では、一番初めに売買したドルとトータルでダブルで為替差損が生まれる事になります。

それほど、ナンピン買いは難しいのだ。

では、外国為替市場が己の筋書きとは逆向きにどんどん向ってしまった場合、どの方法で危険性を避ければいいのでしょうか。

こういう場合には選択できる手段は2つだけあります。

ひとつめは観念して、損失を確定する事です。

もうひとつの選択肢としてはその時に、保持しているポジションを縮小することによって、再びマーケットがリカバリするのをひたすら待つことだけです。

ちょっと受動的な手法だと考える方もいるでしょう。

だが、所有しているポジションに為替差損が生じた場合、最も適切な手法はこれ以外にはありえません。

無論、ロジックとしては、ナンピン買いをするという術もあると思います。

だがナンピンは、損失を出している場面で買いポジションを無くすどころかそれとは反対にポジションを積み増していく対策です。

この手法では、リスクを避けることなど、到底できないと思うべきです。

ナンピンをし続ければその内勝てるかもしれません。

だがしかし、それより前にお金がショートしてしまいます。

コンテンツメニュー