登録するはんこは普通

自動車を手放す時、さらに中古車の買取の時も印鑑証明が必要です。

この印鑑証明に関して説明していきます。

印鑑証明というのは、その印鑑が実印として効力を持つことを裏付ける書面です。

印鑑証明書がない場合には、使っている印鑑が実印として認められていることが保証できません。

高額な取引になる該当する車の買い取りですから、実印が要ることになりますが、それと同時にこの印鑑証明も登場します。

印鑑証明書を発行するためには、はじめに印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。

登録するはんこは普通、実印といい同じものが二つとないはんこであることが必須です。

この実印を用意してお近くの役所の担当部署に行けば、すぐに印鑑登録できます。

手続きが終わると印鑑登録カードというものがもらえて、登録が完了したはんこは実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうためには市役所などへ行き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を記入して印鑑登録カードを提示する必要があります。

また、自動交付機で印鑑証明書を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

ですので、どれだけ前の印鑑証明でもその効力は続くことになります。

ただ車買い取りのときには必要になるのは現在より3ヶ月以内に発行されたものとされています。

通常は有効期限を気にする必要はありませんが、中古車買取の際は業者側が必須となる有効期限を設定していますので、所有車の買取を考えているのであれば買い取り前に持っておくとスムーズに進みます。

コンテンツメニュー

    Link