続けるのは現実として難しいと思われます

民事再生という選択肢は住宅ローンなどを含めた多重の債務に苦しめられている方々を念頭において、住んでいる家を維持しつつ経済的に立ち直るための法的な機関による道として2000年11月に適用された法律です。

民事再生制度には、自己破産とは違い免責不許可となる要件はないために競馬などで債務ができたような場合もこの方法は取れますし、破産宣告をしてしまうと業務ができなくなってしまうようなポストで仕事をしているような方でも手続きは行えます。

破産の場合は、マンションを手放さないことは許されませんし、任意整理と特定調停では元金は払っていかなくてはなりませんので、住宅ローン等も返しながら返済を続けるのは現実として難しいと思われます。

とはいえ、民事再生を採用できれば、住宅ローンなどを別とした負債額は十分な負債をカットすることも可能なため、十分に住宅ローン等を返済しつつ他の負債を払い続けるようなことができるということなのです。

といっても、民事再生による解決は任意整理による手続きや特定調停といった手続きと異なって一部分の借金を除外して手続きを行うことはできませんし、破産の場合のように元金自体がなくなるわけでもありません。

さらに、別の手続きと比較して手続きの方法が簡単ではなく負担もかかりますので、住宅のローンがあって住んでいるマンションを維持する必要がある状況等を除き破産宣告等それ以外の方法がない場合における限定的な手段と考えるのがいいと思います。

コンテンツメニュー

    Link